もうすぐ40歳の筋トレブログ。たまに家族・こどものことも。

精進ぶろぐ~細マッチョになるための筋トレ・サプリメント~

筋トレ器具

ホームジムを作るメリットとデメリットを簡潔にまとめました。

投稿日:

ホームジムをいざ作るとなれば器具を揃えるので、後で後悔が無いようにしっかり考えて決めましょう。

ホームジムを作るには、どんなメリットやデメリットがあるのか挙げてみました。

ホームジムを作るメリット

人目を気にしなくていい

ホームジムを作るメリットは、人目を気にせずに好きなだけトレーニングができることです。

特にあまり人から見られるのが、好きではない方にはおススメです。

いつでも気が向いたときにできる

天候や時間を気にせずにいつでも、トレーニングをすることができます。

特に生活スタイルが不規則だったり、通っているジムが遠い方には最適です。

例えばジム通いなら週に2回しか行けない方も、ホームジムなら毎日好きなだけ使えます。

費用もいずれペイできる

器具を揃えてしまえば、あとは費用が掛かりません。

ジムに行っていた月会費や交通費、トレーニングウエアなどの費用がかかりません。

ホームジムなら見栄を張らずに済むので、部屋着にしかならないようなウエアでもOKです。

ホームジムを作るデメリット

スペースがいる

ホームジムを作るとなれば、それなりにスペースを要します。

もともと空いている部屋があれば、そこを有効に使えます。

しかし、無理をしてスペースを確保すれば、居住空間が狭くなります。

騒音にも気を付けよう

特に集合住宅の場合には、振動や騒音の問題など、トラブルに発展しないように対策をする必要があり、単に器具を揃えるだけではなく、防音マットなどにも費用がかかります。

トラブルにならないように、事前に騒音にならないように、テストをしなければなりません。

相談相手がいない

ジム通いと両立させるなら良いですが、ホームジムだけの場合、トレーニングについて相談する相手がいません。

話し相手がいないとモチベーションが下がってしまうようなら、人によってはジム通いをしている方が良いかも知れませんね。

ジム通いとホームジムは結局どちらが良いの?

どちらが良いのかは、何を一番に優先したいのか考えてみましょう。

それによって、ホームジムを作った方が良いかは、個人差があります。

今後、本気でトレーニングをしたいと思うなら、ホームジムを作るのがおススメです。

わざわざ外に行かなくても、いつでも鍛えられる環境があるのは最高です。

仲間がいないとモチベーションが下がる方は、ジム通いとホームジムの両方を選択するのも良いでしょう。

ホームジムを作るだけのスペースがあって、空いた時間を使って鍛えたいなら、作ることにメリットが大きいです。

費用を最小限にしたい方も、ホームジムに切り替えた方が、コスパは良くなります。

身近なところに器具があれば、もっとトレーニングできる方には、ホームジムは最適です。

本気で鍛えたい方や、ジムに通うのが大変な方にもおススメです。

私はゴールドジムの通販サイトで購入し愛用しています。

やはりゴールドジムの器具は安心感あります。

>>>ゴールドジム公式サイト

>>>ゴールドジム運営のフィットネスショップ

関連記事

スポンサーサーチ

スポンサーサーチ

-筋トレ器具

Copyright© 精進ぶろぐ~細マッチョになるための筋トレ・サプリメント~ , 2017 AllRights Reserved.