筋トレで美ボディに

精進ぶろぐ

筋トレ器具

ホームジムの床を補強する方法をカンタンに解説

投稿日:

ホームジムを作る場合、器材を入れることだけに目が行きがちです。

しかし必要に応じて、床を補強することが、安全のためにとても大切です。

ホームジム作りは安全が一番大切

ホームジムを作りたいと思う方の、生活スタイルは様々。

一戸建てに住んでいる方もいれば、アパートやマンション住まいの方もいます。

ですから、条件によって気をつけたいところも違います。

ガレージや地下など、階下に人がいない方が、リスクを回避できます。

集合賃貸住宅に住んでいる場合も、1階の物件に転居するなどの方法も検討しましょう。

戸建ての場合には、専門知識のあるリフォーム業者に依頼するなどの方法も考えられます。

床の耐久重量を考える

基本的には、1平方メートル180kgを目安に、器具を配置しましょう。

この時に、器具を利用する自分の体重もプラスして、計算することを忘れないようにしてくださいね。

建築基準法に則った、鉄筋コンクリート造りなら、基本的に床の抜ける心配はありません。

木造でも大丈夫ですが、これはあくまでも新築の状態のことで、耐久性が落ちていることも加味しなくてはなりません。

むしろ階下など別の部屋に振動や騒音を与えて迷惑をかけたり、クレームのトラブルになることを考えましょう。

耐荷量を考えても、振動や騒音問題を考えても、理想では1階や土間などがベストです。

自分でやる場合、床の補強に用意するものは3種類

床の補強のために敷きたいものは、3種類でそれを3層構造にします。

一番下にはジョイントマット(もしくはゴムマット)を敷き、真ん中にはコンパネを敷きます。

そして一番上には、ラバーマットを敷く3層が最適です。

床に直接コンパネを敷くことはできませんので、床材を保護するためにジョイントマット(もしくはゴムマット)を敷きます。

それと同時に防音効果にも役立つので、階下に騒音や振動が起こらないようにする役割もあります。

中間にコンパネを敷くことで、点として床に重さが集中するのを防いで、面として分散させることができます。

ラバーマットは、最下層のジョイントマットに比べると、価格は高いものが多いです。

しかしトレーニング中に直接、足が触れる面ですので、滑らないためにも良いものを選びましょう。

建物の構造や築年数、賃貸か持ち家かなどによっても、考え方が異なります。

作りたい一心にならずに、本当に安全に使える環境を整えられるかを考えるのが大切です。

私はゴールドジムの通販サイトで購入し愛用しています。

やはりゴールドジムの器具は安心感あります。

>>>ゴールドジム公式サイト

>>>ゴールドジム運営のフィットネスショップ

関連記事

-筋トレ器具

Copyright© 精進ぶろぐ , 2017 AllRights Reserved.