精進ぶろぐ

筋トレ専門メディア。何事も精神を集中して励めば必ず結果はでる。

1年間で筋肉量ってどれだけ増えるの?!データとカラダの変化で見てみよう

      2016/11/18

筋肉の量は1年でどのくらい増やせることができるかはいろんな議論がありますが、

僕は1kg増えれば成功だと思っています。

これはプロのトレーナーの山本ケイイチさんの著書「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」でも、

1年間しっかりとトレーニングをして食事管理ができたひとでも1年間に1kgだと書かれています。

2016-02-05_094712
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
これはあながち間違いではないと思います。

その証拠に僕が2015年3月から7月までの減量期に測定したINBODYという機械で測定した結果を見てください。

僕はこの5ヶ月間週4~5日のトレーニングはかかさず、食事管理も徹底してきました。

減量期といえど筋肉量の変化ってそれほど変わらないのがわかると思います。

2016-01-03_233027

これが増量期だとしても5kgも10kgもふえるはずがないことがわかります。

それを証明するために今手元にある過去の測定結果も載せておきます。

2016-02-05_013650

いかがでしょう。

体脂肪率のデータが残っていなくて申し訳ないのですが、減量期や増量期を経ても、なかなか筋肉量が増えていないことがわかります。

体重だけが大きく変化しています。

もちろん僕のトレーニング内容や食事の管理が悪いという原因もあるでしょう。

ですがフィットネスインスタラクターの経験もありますし、少なくとも初心者ではないと思っています。

これらのデータから筋肉はそんなに増えないことがお分かりいただけると思います。

ちなみに筋トレの後に測定すれば筋肉量は増えますので、できるだけ条件を同じにするようにデータはすべて筋トレ前に測定しています。

筋肉量が増えなくても肉体改造はできる

このデータを見てから僕は筋肉量はあまり意識しなくなりました。

なぜなら筋肉量=見た目の大きさにはつながらないと学んだからです。

下記の写真を見てください。

筋肉量はほとんど変わらないのに、見た目はきく見せることに成功しています

2016-02-05_014655

違う写真も載せておきます。

2016-02-05_014726

筋肉量は2015/3/31時点で34.9kg、2015/7/16時点で35.4kgたった0.5kgしか増えていないのにこの変化率です。

数字では筋肉量がそれほど増えなくても筋肥大したように見えると思いませんか?

これはあくまで僕の経験からの仮説ですので、厳密なことは研究者ではないのでわかりませんが、私が測定しているINBODYの精度が高ければ1年間で増える筋肉量はそれほど多くないといえます。

まだまだ大会に出るようなレベルではないですが、引き続き測定していきますので、数値とカラダげどのように変化するか引き続き報告していきたいと思います。

以上、1年間で筋肉量ってどれだけ増えるの?!データとカラダの変化で見てみようについてでした。

3/5追記

2016年の2月から減量期に入っており、1ヵ月後の3月2日時点の肉体の写真です。

2016-03-05_013256

2016-03-03_003957

2016-03-03_004014

スペックはこんな感じです。
体重:68.5kg
体脂肪率:9.5%
脂肪量:6.5kg
骨格筋量:35.4kg

2015年の減量期を終えたときと比較すると、体重は1.5kg増で筋肉量はほぼ同じの数値ですが、筋肥大させることに成功できたと思います。

絞りきるとより比較できると思いますので、引き続きこのまま夏に向けて絞っていきたいと思います。

筋肉を増やして肉体改造したという方はこちらの記事も読んでみてください。

この記事がきっかけで少しでも前に進めることを願って。

ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。
シェアしていただけたらものすごく嬉しいです。

 - 細マッチョになるための筋トレ・食事 ,